旭川でおすすめのバイクショップ3選

公開日:2022/04/05 最終更新日:2022/04/14

バイクを購入する場合、まず重要になるのは店選びです。これから相棒になる大切なバイクですから、修理や整備の際の利便性を考えると近所のお店で購入するのがよいでしょう。ここでは、旭川でおすすめのバイクショップを3店ご紹介します。近所にお住まいの方はぜひ参考になさってください。

イーグルモーターサイクル

イーグルモーターサイクルの画像

イーグルモーターサイクル
本店:北海道札幌市白石区本通12丁目北1-15
TEL:011-846-4557

イーグルモーターサイクルは、ホンダ、ヤマハ、スズキの正規代理店となっているお店です。また、カワサキプラザ店でもあるので、もちろんカワサキのバイクも購入できます。さらに、北海道では唯一、CAN-AMSPYDERを取り扱っています。購入できるバイクの品揃えもばっちりで、新車中古車ともに数多く取り揃えられているとのことです。

また、バイクを売りたいという場合のサービスも充実しています。無料の出張査定サービスが用意されており、売却後の名義変更、抹消手続といった面倒な手続は、代理で行ってもらえます。

バイク購入後のアフターサービスにも力を入れていて、HMGカードに加入すれば、何回でも50kmの無料でレッカーサービスが受けられる、ガス欠時のガソリン補給やバッテリー上がり時の点検やジャンピングのような30分程度の軽修理が無料などといったさまざまな特典を受けることができます。

また、イーグルモーターサイクルのユニークなアフターサービスとしては、冬季保管サービスがあります。雪深い北海道ですから、当然冬はバイクに乗ることが難しくなります。そんな時に利用できるのがこのサービスです。91日から531日が冬季期間とされているため、ユーザーがその間の店舗営業時間に自由に入庫を行い、店舗スタッフが責任をもって保管を行います。

車種や排気量によって値段は変わりますが、保管時には点検やバッテリーの充電を依頼する事もでき、適切な整備で、次の春が来たらすぐに乗ることができる状態に仕上げてもらえます。

レッドバロン旭川

レッドバロン旭川の画像

レッドバロン旭川
住所:〒071-8122 北海道旭川市末広東2条3丁目4-11
TEL:0166-52-2513

レッドバロンは、北海道から九州まで全国に店舗展開を行っている、バイク業界の大手チェーン企業です。1972年の創業以来事業規模の拡大を続け、今では年間販売台数は11万台以上。「お客様第一主義」の理念を掲げ「よりよい二輪業界を創造し、バイクの社会性を高めたい。そして、バイクの楽しさを世の中に広めたい」という想いから「誰もが自由に愛車を選び、安心して楽しめる環境の実現」を目指しています。

バイクの品揃えも申し分なく、国内外の新車や中古車を数多く取り扱っています。また、全国に直営の店舗を展開するレッドバロンでは、社内ネットワークを駆使した自社ロードサービスを大きな強みとしています。ユーザーが愛車に乗っている際に、万が一トラブルが発生しても、日本全国のどこの店舗でも同様の品質のロードサービスを提供できる体制が整っています。

また、ツーリング施設や練習場の運営、免許取得支援などといったライダー目線の需要創造活動も行なっているということで、これからバイクを始めてみたい、という方にも安心です。

ユニークなところでは、自社のYouTubeチャンネルを有している点が挙げられるでしょう。ツーリングナビと称して、全国津々浦々のツーリングスポットを紹介しています。このように、多角的な視点から、何よりもお客様が安全にバイクを楽しめるための企業活動を行っている点が、レッドバロンの最大の特徴といえそうですね。

モトタウン

モトタウンの画像

モトタウン
住所:北海道旭川市台場2条2丁目3-3
TEL:0166-63-0331

モトタウンは旭川市内に店舗を構えるお店で、バイクだけでなく、ツーリングの際には欠かせないジャケットやグローブといった小物類の品揃えにも力を入れています。オンラインストアも充実していて、家にいながらバイク用品を購入できます。

とくに、SHOEIの正規販売店である、Araiヘルメットの講習会修了店である、といった点からヘルメットへの造詣が深いことも伺えます。万が一の事故の際に大切な頭を守るのがヘルメットですから、それを重要視しているというのは、これから安心してバイクを楽しむためのアドバイザーとしてバイク店を利用する場合にも信頼がおけますね。

また、年に3回ツーリングイベントを開催しており(20219月のイベントはコロナ禍で中止されたそうです)その際には車種や購入店を問わず、さまざまなユーザーと交流をしているようです。

このように、積極的にユーザーとの交流の場を設け、自らも1ユーザーとして数多くのツーリングを行っているという姿勢から、常にお客様の視点に立つことを忘れず、より実用性の高い小物類を充実させていることにも納得ですね。

日本国内がコロナ禍に突入して久しい昨今、3密回避を理由にバイク需要は高まっているといいます。「バイク女子」「リターンライダー」といった言葉の発生からも、この兆候が伺えますね。これからバイクの購入を検討するという方も、すでに愛用のバイクを持っているという方も、安心して愛車に乗り続けるためには整備は不可欠です。ライダーにとって、愛車の購入時だけではなく、整備や修理で長く付き合うことになるのがバイク店ですから、今回ご紹介したお店のように、身近で相談しやすいお店を見つけて、安全にバイクを楽しみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索