トライク(3輪バイク)とは

公開日:2022/04/05 最終更新日:2022/04/14

トライクとは、3輪バイクのうち、またがる方式のシートやバータイプのハンドル、ドアがないなどのバイクの特徴をもった車両をいいます。コストパフォーマンスのよさや、疾走感を感じられるバイクの魅力と、車のような安定感を兼ね備えている点が評価され、最近注目されています。この記事では、そんなトライクの魅力についてお伝えします。

トライク(3輪バイク)のメリット

トライクのメリットとしては、次の3つが挙げられます。

安定性に優れている

トライクは安定性に優れており、2輪バイクで起こりがちな立ちゴケ(低速走行時や、停車時にバイクにまたがったまま車両が倒れてしまうこと)の心配がありません。また、リアタイヤが2本付いているため、直線を走る際の安定性が高く、2輪バイクに比べて雨天時に滑りにくいというよさもあります。

普通自動車免許で乗れる

道路交通法上、トライクは「普通自動車」扱いなので、普通自動2輪免許をもっていなくても乗れます。「バイクに乗りたいけれど、免許をもっていないから諦めていた」という人でも、トライクを選択すれば、免許を取りに行く時間や費用を省いて、身近な交通手段を確保できます。

維持費用が安い

維持費用の安さもトライクの魅力のひとつです。道路運送車両法上、トライクは「側車付2輪車」という扱いになるため、250cc以下であれば車検を受ける必要がありません。税金面でもバイクと同じ条件が適用されるため、車と比べて費用を抑えることができます。

任意保険は排気量相当のバイク保険でよく、車庫証明書も必要ありません。また、トライクは2輪バイクのような燃費のよさを兼ね備えているため、月々の燃料代も安く済ませられます。

トライク(3輪バイク)のデメリット

次に、トライクのデメリットについて見ていきましょう。トライクのデメリットとしては次の2つが挙げられます。

バイクと車のよさがそれぞれ打ち消しあっている

トライクはバイクと車の中間的位置づけであるがゆえに、双方のよさを打ち消しあってしまうのがデメリットです。たとえば、車からトライクに乗り換える人は、バイク独特の向かい風の強さや、地面の凹凸部を通る際の車両の跳びはねなどに慣れるまでに時間がかかり、車のような安定性がないことに不安を感じやすいです。

一方、バイクからトライクに乗り換える人は、バイクほど小回りが利かず、追い抜き運転もできないことに、ストレスを感じてしまいやすいです。

駐車スペースの確保が必要になる

トライクは、車庫証明書の取得こそ必要ありませんが、車両が大きいため、車と同等の駐車スペースの確保が必要になります。バイク用の駐車場に止めづらいため、普段バイクに乗り慣れている人は、ストレスを感じるかもしれません。

購入時・走行時の注意点

トライクを購入・走行する際の注意点としては、次のようなものが挙げられます。

購入する店舗を間違えるとトラブル発生時に苦労する

トライクを購入する際は「トライクのメンテナンス、修理、保証をしている店舗であるか」「丁寧に整備をしてくれる店舗であるか」の2点を確認するようにしましょう。

とくに、250cc以下のトライクは車検を受ける必要がない分、自分で車両の安全性を確保する必要があります。販売だけの店舗で買ってしまうと、何かトラブルがあった際に苦労することになります。十分注意しましょう。

頭部保護のヘルメットを被らないと危ない

法律上、トライクは「普通自動車」扱いになるため、ヘルメットの着用義務はありません。ただし、トライクがバイクに比べて安全性に優れた乗りものであるとはいえ、転倒や横転などのリスクがないわけではありません。

普通免許だからヘルメットは被らなくてもよいと考えるのではなく、安全のためにもヘルメットは着用するのが大原則である、という認識をもっておきましょう。

トライクならではの運転方法に慣れる必要がある

トライクは、車両前方がバイクのようにスリムで、後方はクルマ並みの車幅があるという特殊な形状の車両です。そのため、トライクならではのハンドル操作や運転感覚に慣れる必要があります。それを知らず、バイクに乗っている感覚でコーナーを曲がろうとすると、内輪差でリアタイヤを乗り上げてしまうことがあります。

また、車両後方が大きいため、コーナーを曲がる際に遠心力が働きやすく、車両が外側に振られて、横転してしまうことがあります。いきなり車上に出るのではなく、購入した店舗で乗り方のレクチャーを受けたり、近所の広場で乗り方の練習をしたりして、乗り方をきちんと身につけることが大切です。

トライクは、車とバイクの中間的位置づけであるが故のデメリットもありますが、一方で年配の方や親子、2輪バイクだと車両が重たくて乗るのが大変だという女性の方でも、安心して乗れるという魅力がある乗りものでもあります。2輪にはない、3輪ならではのよさを見つけて、楽しいツーリングライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索